ITにおいてはたくさんの言語があります

ITにおいて様々な言語がありますが、それらの勉強を出来るだけしているというIT業界に勤めている人も多いでしょう。でも勉強してもしても次々に新しい言語が出てくるというようなこともありますし、結局はどの言語を習得すれば一番良いのだろうというのは、その会社によっても変わって来ます。

何よりもソフトが言語を書いてくれるような時代ですから、ソフトをうまく使いこなせれば、自然と言語を習得したような気持ちになるということもあるのではないでしょうか。そう考えると言語を全て書いていたような時代に比べると、とても便利になりましたね。

そして賢いソフトがたくさんあるという有難い現状なので、その言語のことをさほど知らなくても、ソフトさえ使えれば問題が無いというようなこともあります。でも最低限の言語はやはり知っておくべきかもしれません。全てをソフト任せにしてしまうとソフトが出来ない修正というような物、手直ししなければいけない物に対して、困ることになるからです。

全てをソフト任せにするのではなくて、ソフトからも学んでいくというような姿勢でも良いかもしれません。会社がせっかく購入してくれたソフトだったり、自宅用に購入したソフトを出来るだけ活用するということは必要なことでしょう。

その上で、自分自身が様々な言語を学ぶ手段としてソフトを活用するということも良いのではないでしょうか。そうすることによって自分自身のスキルアップに繋がるということも実際にあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>